注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一)  

2008-12-26 08:15:37|  分类: 中日点滴 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

(shí)()(jiè)(sān)(zhōng)(quán)(huì)」(中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議)という、1978年12月18日~22日に北京で挙行された会議は新しい中国が成立して以来,最も重要な会議だと言われています。その会議で,文化大革命期の清算及び改革開放路線が定まるとともに、毛沢東の後継者である華国鋒が失権、鄧小平が権力を掌握しました。つまり,改革開放が始まるシンボルとされています。

 振り返って見れば,この三十年以来たくさん新しいものや言葉などが現れてきたり,記憶の奥に消えて行ったりしたことが分かりました。それでは,それらの消えていったものを写真で回顧してみましょう。

一、(bào)()(huā)

「爆米花」とはポップコーンですが,以下のものはご存知でしょうか。

消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

 70年代と80年代生まれの中国人は,それを見たら,「懐かしい」と叫ぶかもしれません。子供時代,街で「バン,バン」という銃声のような音を聞いたら,ぜひ,急いで家に戻って,米或いはトウモロコシを取り出して,その音の「製造者」に渡して,ポップコーンを作ってもらったのです。

消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

 

道具に入れて,五分ぐらい火の上に回転させたら,「バン」という音で完成します。音と同時に,ポップコーンの独特な香りも漂い始まります。

二、()()()、BB()

  「大哥大」とは携帯電話で,大哥とは「一番年上のお兄さん」という意味です。血縁関係がなくても,尊敬する男性に「大哥」という呼び方で尊敬の意を表しています。90年代に中国に現れた一台が1万元ぐらいという(15万円)大金持ちでなければ,入手できないほどの贅沢品です。当時,街でこんな人物が出てきたら,「ボス」,「大金持ち」と判断できたのです。つまり,「大哥大」という名称は金持ちに対する崇拝を表しているのです。今では,「大哥大」の代わりに「手機」(手に握った機械)と呼ばれます。携帯電話を使っても特に偉そうなことではなくなりました。

消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

当時の一般市民にとって,「BB机」はしばらく貯金して,入手できる便利な通信設備です。

消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

 

そうです。「BB機」とは「ポケットベル」です。連絡が来たら,「ビービー」というふうに鳴る機械であるから,その名前がつけられたのです。漢字が表示されるポケットーボードはとても高かったので,一般市民は数字とローマ字しか表示されないものを使っていたのです。そして,「520」=「()(ài)()」(愛しています)というような数字の合言葉や合図は大流行でした。

三、(jiě)(fàng)(xié

 

 

中国では50年にわたって,大流行した靴です。もともと,中国軍隊(開放軍)専用の備品でしたが,耐摩耗性が高いので,一般市民の間で,スポーツ靴として広がっていきましたが,90年代後半になって,だんだん姿が消えてしまいました。消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐)

それら消えていく記憶ー中国改革開放30周年(一) - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

中国では50年にわたって,大流行した靴です。もともと,中国軍隊(開放軍)専用の備品でしたが,耐摩耗性が高いので,一般市民の間で,スポーツ靴として広がっていきましたが,90年代後半になって,だんだん姿が消えてしまいました。

中文译文

那些消逝的记忆-纪念中国改革开放30周年(一)

“十一届三中全会”是1978年12月18日~22日在北京举行的新中国成立以来最重要的一次会议。在那次会议上清算了文化大革命并确定了改革开放路线,华国锋作为毛泽东的继任者将权力交给了邓小平。也就是说,那次会议是中国改革开放的标志。

回顾这30年,才发现有很多新名词昙花一现般出现又消失在我们的记忆深处。那么,翻出旧照片,重新温习一下那些逐渐消逝的记忆吧。

一、爆米花

70年代和80年代出生的人,看到这个照片,一定会大喊怀念吧。儿时,走在路上,若是听到像枪声一样“梆~梆~”的声音,一定会慌慌张张跑回家,拿出大米或玉米,交给这个“枪声制造者”,让他爆爆米花的。将大米装入这个特殊的道具里,在火上不断翻转5分钟左右,随着“梆”的一声响,爆米花的香味开始四散。

二、大哥大、BB机

“大哥大”是指移动电话。大哥原本是“年纪最大的哥哥”的意思,其实即便没有血缘关系,也可以尊称对方为“大哥”。90年代在中国出现的移动电话,是一部要1万元左右的奢侈品.如果不是特别有钱的人,无论如何也买不起。走在当时的路上,如果看到以下这样的人,大致可以判断他是个大老板,或有钱人。可以说,“大哥大”这个名词代表着对有钱人的一种崇拜心理。如今,“手机”(捏在手里地机器)代替了“大哥大”, 拥有手机也不再是什么了不起的事情。

当时,对于一般市民来讲,“BB机”是稍微存点钱就买得起的通讯工具。

不错,“BB机”就是传呼机,一有来电,就会“哔哔”叫,所以被称作“BB机”。汉字显示的BB机很贵,所以一般大家都购买只能显示数字和罗马字的数字机。于是,“520”=“我爱你”这样的数字暗号开始风靡一时。

三、解放鞋

这是在中国流行了整整50年的一种鞋。原本是军队的军需品,由于耐磨,深受普通民众的喜爱,被当作运动鞋来穿。进入90年代后期,逐渐消失了踪影。

  评论这张
 
阅读(147)| 评论(2)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017