注册 登录  
 加关注
查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

田植え体験  

2008-07-04 15:03:42|  分类: 走走看看 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

「子路従いて後れたり。丈人の杖を以て條を荷えるに遇えり。子路問いて曰く、子、夫子を見るか。丈人曰く、四体勤めず、五穀分かたず、孰をか夫子と為さん。」

 私が都市生まれ、都市育ちで、「五穀の見分け方も知らない人」です。生活に影響を与えていないですが、何と言っても、恥ずかしいことですね。

 梅雨時期はじめじめしていますが、田植えの時期です。農政課の仮屋さんに誘われて、田植えに行きました。

 (薄緑の苗は米より可愛いではないでしょうか。白い粒は肥料で、植えたら、お盆まで、肥料を施す必要ではないそうです。)

 初めて田植えの機械を操作したので、こんな曲がりくねった「成績」を出してしまいました。

 それにもかかわらず、一生懸命頑張りました。(格好いいじゃん?)

 中国では、車は普及していますが、マイカーを運転して、農作業に行くことはまだ不思議な話です。

 (お昼は盛りだくさんのごちそうで、誠にありがとうございました。)

 

中文译文:

体验插秧

  “子路从而后,遇丈人,以杖荷條。子路问曰:‘子见夫子乎?’丈人曰:‘四体不勤,五谷不分,孰为夫子?’”

我生在城市长在城市,就是那种“五谷不分”的人。虽说对生活没有什么影响,但不管怎么说,还是很丢人的事情。

梅雨季节潮湿难受,但是却是插秧的时间。受农政课的仮屋邀请,去他家插秧了。

照片一:嫩绿色的秧苗很可爱吧?白色的颗粒是肥料,据说到玉兰盆节前都不用施肥了。

照片二:第一次操作插秧的机器,整出这样歪歪扭扭的“成绩”。

照片三:尽管如此,我还是很努力的。(造型很酷吧?)

照片四:在中国,汽车逐步普及,但开着自己的车去务农还是件不可思议的事情。

照片五:午饭招待得很丰盛,实在感谢啊!

 

  评论这张
 
阅读(75)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018