注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

音まで食べる日本人  

2010-07-16 13:50:16|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 食べたり飲んだりする時、口で音をたてるのは行儀が悪い、とさんざん教え込まれたものです。

 しかし、ほかの国と違い、日本には音がなくては味が半減してしまう食べ物が多いらしいです。世界中の殆どの料理は口と目と鼻とでその風味を味わいますが、日本料理には、いまに一つ耳で味わう味覚があります。

 まず、麺類。その種類の多さを見ても、まさに音を味わう味覚の豊富さがわかります。音なしで、しずしずと食べる麺など、決してうまくはないから皆が音を立ててそば、うどん、素麺を味わいます。

 胡麻塩、焼きのり、塩昆布、味噌付け、佃煮、塩鮭、鯛、タラコ、ウナギ、かき餅、霰とくれば茶漬けに決まっています。この簡単明瞭、かつ経済的な庶民の味をきどって音なしで食べてもそううまくありません。サラサラと音とともに流し込んでこそ、茶漬けの醍醐味が味わえるというものです。

 音を食べる代表的なものに、漬物があります。沢庵、ラッキョウ、キュウリ、ウリ、広島菜、などから発する「カリカリ」、「シャリシャリ」、「パリパリ」という音は漬物の種類によって、さまざまな変化があるから、楽しめます。

  水の中からも音の出るものを探し求めて、魚の卵に到達します。数の子が口の中にはねる快い音は煮付けたり、和えたりして、実にいいです。味付けしたものを寿司で握ると、刺身や生ウニなど、口当たりの滑らかなほかの大半のすしだねにない音と味が楽しめます。

  评论这张
 
阅读(33)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017