注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

カレーライスと日本人  

2011-01-15 10:33:38|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 夏目漱石の「三四郎」に、一皿六十銭で登場するハイカラな料理が、カレーライスでした。日本は明治の初期になって以来、急激な人気を得て大正時代にはすでに大衆料理店の常連メニューとして普及していました。今日では、全国民に広く親しまれ、庶民の代表的な味となっています。子供たちが最も好む学校給食の一つでもあります。

 カレーはインドを中心とした地域で最も広く普及し、中近東や東南アジア地域でも昔から食べられていましたが、今日では世界各地で広く愛用される混合香辛料です。この香辛料の材料には、辛味で胡椒、チリ(唐辛子)、マスタード、しょうがなどが使われます。また、芳香成分としては、シナモン(肉桂)などが使われます。様々な木、香草、実、根、茎、葉を配合した実に複雑な香辛料なのです。

 カレーは食欲を増進させ、消化を助け、殺菌効果を持ち、発汗作用を高めるなどの効果を持つから、インドのように暑くて湿気の多い地方には、実に自然の摂理にあった香辛料ということになります

 さて、カレーライスを日本人が大いに好んだのにはいくつかの理由がある。米食民族である日本人は昔から主食の粒飯に様々なものをかけて食べる習慣があります。たとえば、トロロ飯、卵かけご飯、納豆飯、丼など。この食態にカレーはピッタリとあったこともその理由の一つのようです。

 だが、カレーが日本人の隅々にまで普及したのは次の理由があると思います。カレーの最大特徴である辛さと匂いは本場インドのものでは、強烈すぎて、とても日本人には合わないのです。それで、日本人向けのマイルドな風味が作り出されました。その次、カレーの具には日本の農産物の代表であるジャガイモ、ニンジンなどをふんだんに盛り込んで、日本人向きにしました。

  评论这张
 
阅读(110)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018