注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

红领巾的记忆  

2011-11-07 13:41:39|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
红领巾的记忆 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
 
  

辞書を調べて、「红领巾」は「赤いネッカチーフ」という訳でした。30代以下の若者にとって、それが小学校時代ならではの記憶です。

それを説明するには、まず「少年先鋒体」(略称「少先隊」)を説明しなければならないと思います。それは、全国的な青少年組織で、ソ連ピオネールに相当し、おもに課外活動を通じて共産主義を学ばせ、将来の青共団員共産党員を育成しています。

小学校に入校する際、「優秀な生徒ではないと、『少先隊員』になれない」と教えられました。一年生の時、クラスで一番優秀な生徒が先に「少先隊員」になって、ほかの皆さんは羨ましかったです。二年生になって、クラス全員は「入隊」に入り、標識として、「紅領巾」を配られました。それから、中学校二年生まで、毎日巻かなければならないことになってしまいました。

「光陰矢の如し」。小学校卒業してから、20年経ちました。その後離れ離れになっているクラスメートたちは、皆元気でしょうか。

2011年9月24日(土)に、120名の中、40名余り集まって、同窓会を開きました。担任先生も誘って、出席していただきました。先生の白髪を見て、言葉で表せない胸が張り裂けんばかりでした。来ていただいた4人の中、二人は癌と戦っているそうです。特に、一番長く教えてくださった国語の先生は、つい最近、退院したばかりで、いまでは、休養中そうです。

20年ぶりの再会ですから、話したい言葉を、わずか3,4時間で言い尽くせないのは、当然です。再認識のチャンスとして、皆大切にしています。お母さん、お父さんになったばかりの人は多いようで、初めて親の恩がわかるようになっています。

感謝の気持ちで、昔の写真を取り出して、回顧してみましょう。

红领巾的记忆 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
(1986年6月1日、一年生、クラス2全員)

 

 

  评论这张
 
阅读(21)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017