注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

麗江古城  

2011-05-18 16:11:08|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

    麗江古城は雲南省北部に位置し、万年雪を抱いた玉龍雪山の麓に広がる納西族(ナシ族)の街です。麗江ときたら、皆、町全体が古い建物だと思われるかもしれませんが、実は、麗江市は現代化の都市で、麗江古城は市の北部に位置している「古城区」です。

麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
    麗江市の町の様子です。綺麗な青空を見て、思わず日本での日々を思い出しました。川内にいる時、車が通りかけて、窓ガラスに強い日差しが反射され、一瞬目が見えなくなったことはよくありましたが、それさえいい思い出になっています。
 麗江古城は、800年前に創建され、城壁がない古城として特別だと聞いていますが、よく聞いたら、一つの説がわかりました。昔、町全体を守るために、町を一周回る城壁を作るのは普通だったのですが、更に、敵が簡単に城壁を乗り越えて、町に入らないように、城壁の外側に、川を掘っておきます。その川を「保城河」と呼ばれます。西安市には、昔の城壁も、「保城河」もちょんと保存してあります。しかし、麗江古城には一切ありません。
 伝説によって、明代の皇帝は「朱」という苗字で、ある高級官僚に自分の苗字の一部-「木」という字をほうびとして賜りました。その後、「木」という苗字に改姓した高級官僚は遠く離れる麗江へ赴任に行きました。麗江で新しい町を作る時、「町を一周回る壁を作ると、町全体が『困』という字になりますので、不吉です。」と思って、城壁を作ることを諦めました。町の建設が終わってから、地元の住民たちはどんどん移住していました。雇われて、役人になっている人もだんだん多くなってきました。彼らは自分の苗字がなくて、不便だったので、官僚に苗字を求めました。それで、日差しが強い麗江で毎日帽子を被って、カゴを背負って働いている彼らには「和」という苗字を賜りました。よく見ると、「和」という字の右側は確かにカゴの形と似ていますね。左側の「禾」も「木」の上に帽子を被っているようです。いまでも、麗江古城の中に生活している地元の住民は「木」と「和」という苗字の人が多いのです。
 麗江古城は古い供水システムを持ち、縦横に入り組んでいるこの供水システムは今でも、重要な役割を果たしていると評価されています。地元の人は毎日、この水を洗濯したりしていますが、井戸水が直接飲用できます。飲んでみたら、冷たくて甘みがします。古城に入ったら、至る所に見える綺麗な水にも驚きます。
麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
 
麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
  毎年の4,5月はイチゴとサクランボの収穫期ですから、たくさん行商人が見られます。井戸水でイチゴやサクランボを洗って、観光客に売りますが、値段と言えば、500グラムで8元ぐらいです。
 麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
 賑やかな現代都市と違って、麗江古城は毎朝9時以降、目が覚めます。午前9:30ぐらい、上の写真を撮ったのです。店はまだ営業していなかったし、通行人も殆どいなかったのです。綺麗な空気を吸いながら、静かな道を歩いて、爽快な気持ちになります。
 
麗江古城 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐 
つづく
 
 
 
  评论这张
 
阅读(16)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018