注册 登录  
 加关注
查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

日本語の特徴  

2011-09-12 14:44:02|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

  日本語を難しく感じる人もいれば、やさしく感じる人もいます。日本語を学ぶ際に難しく感じられる点を3点挙げてみます。

  第一に、日本語は単語の数が多いという点です。

  日本語の日常会話を理解するためには2万2千語を覚えなければならないそうです。例えば、フランス語の日常会話の場合、単語を五千覚えれば、その96%を理解できるとされています。

  外国語としての日本語能力をはかる試験である「日本語能力試験」では、最上級の1級合格のためには、1万語の単語を知っていることが必要とされています。せっかく努力して、この試験の1級に合格してもまだ、日常会話で用いられる語の半分程度しか分からないことになります。

  実際には、日本語能力試験の1級を取得した外国人たちと話している限り、この説は当てはまらないようです。

  というものの、読み書きにおいては、中級レベル以降に、膨大な単語を覚えなくてはならない、という異口同音に言います。つまり、日常会話のはなし言葉だけでなく書き言葉まで市やに入れれば、日本語はかなり多くの単語を使う言語だと言えます。

  第二、日本語は、相手をどう扱うかという仕組みが発達していることです。

  目の前の相手に対して、言語的に対処するための仕組みを「待遇表現」と呼びます。典型的な例が、所謂敬語です。周知のことですが、日本語は敬語の仕組みが複雑です。

  ただしこのことは日本人が外国人より礼儀正しいとかいうことを意味するわけではありません。どんな国の人でも、必ず他人とのやり取りを行います。その方法は、言語以外にも、顔の表情、しぐさや態度、服装、物理的な距離、贈り物など多様です。

  日本語はそのような待遇表現の仕組みが「言語的に複雑である」ということなのです。ですから、時折聞かれる「英語は敬語がないからつかあいもフランクだ」といった意見は表面的な印象に過ぎません。

  第三に、日本語は音を字にする仕組み、つまり表記が非常に複雑だという点です。日本語はひらがな、カタカナ、漢字、それにアルファベットなども補助的に用います。複数の表記システムをつかい、かつそれを混ぜて書く、世界でただ一つの言語でしょう。まだ、漢字の多さは、どんな外国人学習者にとっても、悩みの種です。しかも、一つの漢字に対して、複数の読み方があります。

  音の数が少ないー日本語の特徴2

  「母音」という言葉は聞いたことがあると思います。喉から出る音が、口の中で摩擦や刺激を受けないで発音される音です。日本語では「あ、い、う、え、お」の五つです。英語や中国語のように十数個の母音を持つ言語はいくらでもあります。母音が五つというのは、世界で二番目の少なさだという。母音がたくさんある言語を使う人々にとっては、日本語の「あ、い、う、え、お」は手持ちのどれかを代用すれば、ほぼ近い発音になりますから簡単です。もっとも音の数が少ないということは、少ない手持ちの音で多くの言葉を作らなければならないことを意味します。そのために、日本語は「行為、好意、更衣」といった同音異義語が多くなります。

   

  评论这张
 
阅读(98)| 评论(1)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018