注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

成都での生活  

2012-02-14 17:23:27|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 2010年4月に、2年ぶりに帰国して、まるで「浦島太郎」の心境のようでした。周りの一切が変わりました。物価がほぼ倍以上あがったし、家の近くに新しい建物がたくさん現れてきたし、住宅団地に止まっている車の半分以上は、高級車に変わりました。時には、「まさか、ここは、私の家か」と不思議な感じがしていました。

 わずか2年間ですが、都市の拡大は、思った以上速く進んでいます。成都市都市部の人口は、二年間で300万人増えて、1404万人となったそうです。そのせいで、交通渋滞は前よりずいぶんひどくなっているし、病院も前より混雑になって、「看病難」は、大きな社会問題となっています。私はよく小さな病気に悩まされているため、生活の不便さを一層身近に感じています。病院に入ると、すぐ様々な方言を喋る人たちに囲まれてしまいます。受付から、会計まで黒山のような人だかりです。

 通勤も大変です。片道15キロで、ラッシュアワーにバスに乗れば、2時間ほどかかります。自分で運転すれば、それほど時間がかかりませんが、ガソリン代だけ、一月あたり1000元ぐらいが必要です。駐車料金、車の保険を加えたら、平均で2000元弱は普通です。月給が3000元未満の私にとって、どうしても負担できないのです。仕方がなくて、自転車で通勤することにしました。冬場は、大気汚染がひどいので、1時間後目的地に着く時、真っ白なマスクはほこりで黒っぽくなって、鼻の穴はマスクに黒い跡を残してしまいます。

 こんな都市で生活するのは、疲れを感じて、ストレスも溜まっています。テレビ番組は、いつも成都での生活がどれだけ幸福かを宣伝していますが、それを見る度に、むかむかしてきます。

 小学校、大学、家の近くにある遊園地、野菜市場など等は、この2年間の間に、相次いで取り払われて、他所に移ってしまいました。40年間もずっと大学の住宅団地に住んでいた父と母は立ち退きを命じられました。

 受け入れ難いですが、成都という都市には、未練を持ったところが無くなっています。残酷な現実です。

  评论这张
 
阅读(29)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017