注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

巴松措  

2013-05-17 13:49:35|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

(cuò)」とは、チベット語で「湖」の意味です。「巴松措」は、林芝の八一鎮を出て、ラサへ行く途中にある湖です。チベット語では、「緑の水」という意味で、標高3700M,紅教(チベット仏教の一宗派ニンマ派)の聖湖とされています。

 90万平方メートルあまりの面積を有するこの湖は、堰止湖です。ヒスイのような緑は、人々の心を洗っています。

巴松措 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

  湖の中に、小さな島が一つあり、小島の上に唐代の建物の「錯宗工巴寺」があって、チベットの有名な紅教の寧瑪が寺院を派遣するので、唐代の晩期に建てられ、今まで1500年余りの歴史があるそうです。錯宗工巴寺の土木工事の構造で、上から下まで2層、殿内の主なは蓮花生、千手観音と美男美女カップルを供える。寺の南は1本の桃と緩い両者がうまく合う木があって、春の時、モモの花と青いマツは互いに引き立て合って、締めくくるのは美しいです。

巴松措 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
巴松措 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
  お寺の入り口の両側に、一目で分かるものがありました。ええと???所謂「生殖崇拝」というものでしょうか。
巴松措 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐

(は???恥ずかしいですね。)

  島には、小さな「(línɡ)()」があります。天葬が分かっていますが、今回初めて「()(zànɡ)」が知りました。

 「塔葬」とは、声望のある活仏のための葬礼で。まず死体によく塩をこすりつけ、乾燥させる。それから大量の香料や貴重な薬物をぬり、霊塔のなかで法体を保存するものである。こうした葬儀は、ダライニフマやパンチェンニフマ、大活仏など、ごく一部の者だけが享受することができます。場合によっては、活仏の死体を火葬にした後、その遺骨や遺灰を塔葬にすることもあるそうです。 

巴松措 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
   このような白いタワーがチベット地区でよく見られますが、「」と「línɡ」に分けられます。上図のような、網があるのは、「灵塔」で、中が空っぽで、活仏の死体をミイラにして、タワーの中に保存しています。普通、「灵塔」と写真するのはタブーです。

 チベットでは、なくなった人の地位によって、塔葬→天葬→川葬→火葬→土葬という順番で、葬式を行います。地面の下は、地獄だと信じられていますから、罪が深い人か重い病気で亡くなった人ではなければ、普通、土葬を行わないそうです。

 旅行をしながら、違文化を理解することは、旅行の一つの楽しみですよね。

 

 
 
  评论这张
 
阅读(9)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018