注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

喋喋不休的王小姐

王国際交流員の日本薩摩川内市エピソード

 
 
 

日志

 
 

大昭寺  

2013-05-21 17:04:02|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
   別名トゥルナン寺、ジョカンとも呼ばれる大昭寺は、7世紀中頃に建てられて、ラサの中心地に位置していて、「先に大昭寺があってから、ラサの町ができた」と言われるほど、仏教信徒が憧れる巡礼の聖地で、チベット人なら一生に一度は訪れたいと願う寺です。 
 伝説によると、占いに精通している文成妃はラサの地形を調べた後、ラサの地形が仰向けに寝ている魔女の姿に似ていると判断して、この魔女を退治するために、心臓のところに、仏教の寺を建立すべきだと、当時の皇帝ソンツェンガムポに進言したそうです。 
 大昭寺の規模は、思ったほど大きくありませんが、極彩色に輝いています。中国語で言えば、「金碧辉煌」ですね。黄金で作った屋根は、雲の下でキラキラとしています。
大昭寺 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
大昭寺 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
  お寺には、唐代の珍しい文化財が沢山保管されて、回廊と宮殿の壁画には歴史上の人物を神格化した故事が描写されています。 一階の正殿には、唐の玄宗皇帝の娘文成公主が長安から持参した釈迦牟尼仏金像が安置され、正殿両脇の配殿にはソンツアンカンボ、文成妃とネパールの尺尊公主の像があります。 残念ながら、やはり撮影禁止です。
大昭寺 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
  大昭寺には、100人ほど僧侶がいますが、かつて千人以上の僧侶がいたそうです。上図の器は、昔の鍋だって、びっくりしました。
 午後5時ぐらいに、2階 のベランダで「辩经」を見学しました。「辩经」とは、問答試験形式による経典学習法です。立っている人は、質問をして、手を打ってから、座っている人は答えることになっています。結構激しそうでしたが、チベット語なので、さっぱり分かりませんでした。
大昭寺 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
 五体投地(ごたいとうち)とは、五体すなわち両手?両膝?額を地面に投げ伏して、仏や高僧などを礼拝することです。仏教において最も丁寧な礼拝方法の一つとされて、対象への絶対的な帰依を表します。 中国語で言えば、「磕长头」です。
大昭寺 - 嘟嘟 - 喋喋不休的王小姐
  大昭寺の正門の前に、小さい広場があって、毎日朝一でここに五体投地をする信者が殺到してきます。チベット仏教の信者なら、一生で少なくとも10万回するそうです。自分や自分の家族のためではなく、世界平和などを祈る人が多いらしいです。
 チベットは、なぜ神秘感があるかというと、宗教と関係があるかと思います。チベット仏教にせよ、チベット本来の「苯教」(ラマ教とも呼ばれる)にせよ、いずれも善をなすことや無欲恬淡などを敬い、追求するのです。ラサの町を歩いて、五体投地をしながら巡礼している人やマニ車を持ちまわしている人たちを見かけて、「信仰のある人が本当に幸せですね。」としみじみと感じながら、心より羨ましがっていたのです。


  评论这张
 
阅读(12)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017